納入実績とアプリケーション情報

Zaber社精密ステージの納入実績とApplication情報
分野 光学(オプティックス)及び光通信(フォトニックス)
バイオ医療用途
テスト、制御、測定及び計装
物質科学
顕微鏡及び顕微鏡検査
工業自動化
その他
Customer Spotlight
 
京都大学 : 3.8m望遠鏡              Technology
                                                              
Optical Infrared
                                                              Telescope
 

アプリケーション使用例  

京都大学天文学科では、岡山天体物理天文台に設置された3.8mの新技術光赤外線望遠鏡で、Zaber社T-NA08A25アクチュエータのカスタムバージョンを使用して頂いております。この望遠鏡は、直径3.8mの大型鏡として機能する18個のセグメントミラーで構成されています。各セグメントを自動調整するT-NA08A25アクチュエータは、各ユニットを10Hz以内で移動させつつ、24時間にわたってフィードバック制御されます。 右の写真で表示されているドームは暫定です。 望遠鏡は2016年に設置されます。 
 

京都大学天文学部について

京都大学天文学科は、恒星物理学、銀河物理学、理論天体物理学の研究を行っています。 教員の具体的な研究分野には、ブラックホール、X線天文学、変光星、一時的な物体、星型銀河などがあります。

天文学のウェブサイト:http://www.kusastro.kyoto-u.ac.jp/index-j.html
- Line up -

Arduino (アルディーノ)マイクロコントローラを活用した完全自動制御システム が構築できます。PCを専有しないで、多軸ステージの自動運転や、PLCでの精密ステージの自動運転ができます。
>>Arduino マイコン+シールドによる自動化

CapD20160311_4.jpg